ふるさと納税を始める

「ふるさと納税とは?」「ふるさと納税はどういう制度なの?」など、初めて寄付される方はまず仕組みについて学びましょう。

ふるさと納税の仕組みについて 

家電製品

ふるさと納税で人気の「家電製品」は申し込めるサイトが限られています。申込先サイトの紹介と種類別で一覧化してまとめてみました。

家電製品一覧リストへ 

ランキング

お米、豚肉、果物など種類別でランキング掲載中! お礼品は何万点もありますので、選ぶだけで大変です。ランキングを目安に検討して下さい。

種類別ランキングはこちら 

寄付金をタダにする

ふるさと納税は後から税金の控除や還付として戻ってくる仕組みです。ただ、その寄付したお金や自己負担金なども実質0円にする方法があります。

詳しくはこちら 

【ふるさと納税】キャノン・オリンパス・ニコン一眼レフカメラ・レンズ 90点紹介[2018年5月最新]

ふるさと納税の返礼品の中で「家電」は、あいかわらずの人気を誇っています。

最近は家電の出品を自粛する自治体が増えてきましたね。
ところがそんな厳しい状況の家電ジャンルの中でも、まだまだ出品数・出品の種類ともに多い返礼品があります。

それが「カメラ」です。

カメラは普通に通販や店頭で購入しようとすると、一眼レフなら5万円前後のものから50万円以上するものまであって高額です。
しかし条件さえあれば高級品のカメラだって、実質2,000円で手に入れることも夢ではありません!

カメラは家電ジャンルの中でも、今ならまだ好きな種類を選べる貴重な返礼品
カメラの世界は奥が深く、知れば知るほど楽しくなります。
ふるさと納税をきっかけに、カメラの世界に足を踏み入れてみませんか?

今回はふるさと納税で「カメラ」「レンズ」「カメラ関連用品」をゲットするために、役立つ情報を網羅してみました。

基本的な「カメラの種類」、わかりづらい「カメラ用語の解説」、カメラがもらえる「自治体一覧」、返礼品の「還元率」、今出品されているカメラの「基本情報」や「特徴」など、これらの情報すべてを徹底解説します!

これさえ読めば、きっとあなたにピッタリのカメラが手に入りますよ!

→ いますぐ「カメラ」「レンズ」「カメラ関連用品」の全リストを見たい方はこちら

続きを読む

復活!高還元率50%の日本旅行ギフト券5~50万円が期間限定で再開!

2017年12月に限定で掲載されていた、岐阜県池田町の【日本旅行ギフトカード】ですが、今回復活となりました!

還元率が30%程度の返礼品が多い中、50%の高還元率となっています。
【日本旅行ギフトカード】は旅行の支払いに使え、有効期限がないのも大きな魅力ですね。

お申込みは全国の日本旅行の各支店・店舗で受付中です。
来店以外にも、電話やホームページでもギフトカードを使えるとのことで、使い勝手が良いですね。

→ 日本旅行ギフトカードの返礼品一覧はこちら

続きを読む

【18年4月最新】ふるさと納税でパソコン・タブレットがもらえるリスト完全版

ふるさと納税の返礼品ですぐに売り切れてしまうものといえば「家電」。
中でもパソコンタブレットは特に人気があります。

普通に買えば30万円近くするようなパソコンだって、条件が揃えば実質2,000円で手に入ってしまうんですから、注目されるのは当然ですよね。

ところがここ最近は総務省からの通達の影響で、家電は返礼品リストから続々と姿を消しつつあります。
高価すぎる返礼品や換金しやすい返礼品は自粛するよう呼びかけられ、それに応える自治体が増えてきているためです。

年々ふるさと納税でゲットできるパソコンやタブレットの数は減ってきています。
この傾向が続けば、正直いつふるさと納税からパソコンやタブレットが姿を消してしまってもおかしくありませんよね。
来年にも返礼品リストに登場するかどうか…というほど、その存在が危ぶまれています。

そんなわけで、ふるさと納税でパソコンやタブレットをもらいたい!とお考えの方は、ぜひ2018年のうちにゲットしておくことをおすすめします。
昨年に引き続き、今年もパソコン・タブレットを扱う自治体は早めにチェックしておきましょう。

たとえば長野県安曇野市からは、ノートパソコンのVAIOシリーズの出品が決まりました。
しかし台数限定で用意されているものがほとんど。
受付も期間限定のものが多いです。
早い者勝ちですので、うかうかしていられません。

そこで今回は、2018年にゲットできるパソコン・タブレットの返礼品情報をまとめてみました!
気になるものがあったら、さっそく寄付しましょう♪

続きを読む

高級店限定コース料理を堪能!【ふるなびグルメポイント】に佐賀県みやき町が参入!

ふるなびグルメポイントは、いままでのふるさと納税の形である返礼品が届くスタイルとは異なり、東京・大阪・名古屋などの都市圏で各自治体が提携しているレストランの高級店の料理が楽しめる新しいスタイルとなっています。

このふるなびグルメポイントで、ダイソンなどの人気家電を出している佐賀県みやき町が2018年4月10日より新規提携となりましたので提携店舗をご紹介します!

続きを読む

楽天ふるさと納税 家電製品一覧リスト176点公開【2018年最新】

2016年4月、総務省が転売しやすい商品券や家電などをふるさと納税のお礼品としないよう求めることを決め、高市早苗総務相が自治体に通知されました。

これがキッカケで、ふるさとチョイスで家電というカテゴリが消え、家電商品を選ぶことができなくなってしまいました。

ただ、楽天ふるさと納税ではまだ家電を選ぶことができるので、楽天ふるさと納税で選べる家電リストを一覧化してみました!

続きを読む

クラウドクレジットはじめてセミナーに参加!杉山社長の登壇で分かった今後の可能性・会社の貸し倒れリスクは?

ふるさと納税はかんたんにできる節税方法で、美味しいお米や家電などが返礼品としてもらえますが、わたしは節税や節約をして得たお金を、安定的な運用に振り分けて、年利5~7%以上の運用を目指しています。

その中で、2017年秋ごろから自分ではじめてみて、株や投資信託につぐ新たな投資手法と感じたソーシャルレンディングが、2018年1月のガイアの夜明けである会社が紹介され、話題となっています。

続きを読む

ふるさと納税でアニメ漫画グッズがもらえる!キングダムやガンプラ、麦わら帽子まで♪

今年のふるさと納税はもう決めましたか?
ふるさと納税って聞くと、食べ物や電化製品に目が行ってしまいますが、実は食べ物だけじゃなく、アニメグッズや漫画などももらえちゃうんです♪

今絶賛放送中の最新人気アニメから懐かしのあのアニメまでいろんな返礼品があるので、まとめて紹介します!
ふるさと納税って自治体数も返礼品数も多すぎて探しきれない人も多いと思いますので、ふるなりではいろんな視点から返礼品を集めています。
ぜひ他の記事も御覧ください!

続きを読む

ふるさと納税でワンストップ特例徹底解説!【2018年最新版】

ふるさと納税のワンストップ特例について、2016年からの変更点として、マイナンバーの申請書への記載や、個人番号確認書類のコピーが必要になったりしました。

ワンストップ特例制度についての2016年以降の変更点、申請書の記入例(書き方)やワンストップ特例を行う流れについて解説しました!

続きを読む