ふるさと納税「さとふる」で登録から限度額計算までの流れを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さとふるはソフトバンクグループが運営するふるさと納税のポータルサイトでヤフーと提携していますのでこれから注目のサイトです。
特産品の数はまだまだこれから伸びていく感じですが、サイトが綺麗で見やすく、直感で品物を探したり、申込できる良さがあります。

また、クレジットカード以外にも、ソフトバンクまとめて支払いやauかんたん決済(携帯料金とまとめて引きと落とすサービス)、コンビニ支払い、Pay-easy決済など決済の種類が豊富なのも良いですね。

tmp00193

そんなさとふるを登録して、限度額の計算シミュレーションまで行う流れを解説していきます。

ふるさと納税サイト「さとふる」の登録

さとふるのトップページから、上部にある「会員登録(無料)」をクリック

tmp00176
メールアドレスを記入して、「個人情報取扱い規約等の利用規約に同意してメールアドレス確認メールを送信」をクリック
tmp00177
送信完了した旨の画面が表示されるので、記入したメールアドレスが受信できるソフトでメールの確認をします。
tmp00178
受信メールで「【株式会社さとふる】会員登録のお願い」が来ていたら、その中から、メールの下の方にあるURLをクリック
tmp00179
メールアドレス認証完了になったので、つづいて「会員情報の入力」をクリック
tmp00180
パスワード、電話番号を記入し、「入力内容の確認へ進む」をクリック
tmp00181
入力内容に問題がないか確認して、「会員登録する」をクリック。
tmp00182
無事会員登録が出来ました。
tmp00183

ふるさと納税サイト「さとふる」で限度額の計算シミュレーションをする

さとふるのトップページで、右にある「控除額シミュレーション」をクリック

tmp00184
「詳細シミュレーション」をクリック
tmp00185
手元に源泉徴収票を用意して、源泉徴収票のどの部分をどこに入力するかを確認するために、右下の「源泉徴収票の見方」をクリック
tmp00186
一つウィンドウが開くので、(1)(2)(3)の箇所を確認して「閉じる」をクリック
tmp00187
源泉徴収票の先ほどの(1)(2)(3)を下記の赤枠の部分に入力します。
tmp00189
入力すると、寄付の上限目安金額が表示さるので、「引き続き寄付金額に対する自己負担・控除額を算出する」をクリック
tmp00190
寄付を予定している合計金額を入力すると、必ず必要な「自己負担額」2000円を除いた、税金の控除額が表示されますので、これで計算完了です。
tmp00192
※限度額はあくまで目安になりますので、正確な計算が必要であれば寄付翌年1月~2月に市区町村にお尋ねください。

管理人ふるなりがオススメするふるさと納税ポータルサイト!

家電を探すなら「ふるなび」

家電製品が200点以上あり、テレビ・ダイソンの掃除機・ドライヤー・プリンター・パソコンなど様々な家電が揃っています。
最近ホームページがリニューアルされ、探すのが非常にラクになりました!

→ 家電掲載数No.1サイト‎「ふるなび」を見てみる

ポイント10倍以上を狙うなら「楽天ふるさと納税」

ふるさと納税でも通常の買い物と同じようにポイント還元があります。
お買い物リレーやマラソンと組み合わせればポイント10倍以上の還元が可能です。

→ 楽天ポイントがGETできる「楽天ふるさと納税」を見てみる

ジェラートピケやアディダス、マンハッタンポーテージやドンペリなどが貰える「noma-style」

NHKのあさイチでも取り上げられた、人気上昇中のふるさと納税サイトです。
ジェラピケ、アディダス、ジョンマスターオーガニック、マンハッタンポーテージなどの有名ブランドや、高級シャンパン「ドンペリ」、コニャック「ヘネシー」などがもらえます。

→ 有名ブランドがもらえる「noma-style」を見てみる

ふるさと納税の寄付金を実質0円にする全手法

ふるさと納税のお礼品をタダでもらいたいと思いませんか?
ふるさと納税は、例えば自分の寄付できる上限金額が5万円なら、その年に5万円の寄付をするための元手が必要になります。

私は「この5万円も何か別の方法で浮かすことができないか?」と考え、ある方法を試した結果、

  • ・2015年・2016年ともに、寄付金は実質タダに。
  • ・炊飯器、ドライヤーなどの家電や毎日食べるお米をゲット!
  • ・ふるさと納税だけでなく、旅の宿泊や日用品の購入など家計費も浮かすことに成功。

などの大幅な節約をすることが可能となりました。

具体的な方法はこちらから

SNSでもご購読できます。