【速報】還元率50%の日本旅行ギフトカードが期間限定で復活!返礼品一覧はこちら

ポイントインカムの安全性は?実際半年間使って検証してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数あるポイントサイトの中から、ポイントインカムをメインにポイントを貯めてTポイントに交換→ふるさと納税の支払いに利用しています。

実際にポイントインカムを2016年3月ごろから始めて、半年が経ちました。

それで、実際使っているわたしからの観点やいくつかの指標を元に、「ポイントインカムってほんとに安全なの?」という疑問に対する答えを探っていきたいと思います!

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの運営会社について

ポイントインカムの運営会社は、「ファイブゲート株式会社」というところです。

unei
fivegate
(参照)http://pointi.jp/company.php

設立日:2003年11月
資本金:4458万円
従業員数:60名(マイナビ2017にて)

資本金は4458万円とポイントサイトの中で多く、設立は平成15年11月と設立してから13年ほど経っています。

ポイントインカムの運営開始は2003年からで、10年以上運営されているので老舗のサイトになっています。

プライバシーマーク(Pマーク)の取得について

ポイントサイトの安全性を見る指標として、個人情報が流出しにくい体制を講じているか?が一つのポイントになります。

Pマークとは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整っていることを認められた会社に与えれるもので、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) が審査をし、2年ごとに更新する必要があるのでそれを取得している会社は信用が増す制度になります。

ポイントインカムは2015年8月にプライバシーマークを取得しています。

pmark

JIPC(日本インターネットポイント協議会)に加盟しているかどうか

JIPCはポイントサイト利用者がポイントサイト運営会社から守るためにある非営利団体です。
JIPCでは以下の決まりごとを守る会社が加盟しています。

jipc003

この中で4番のところは、サービスの終了やポイントの価値が変更する場合は、最低1ヶ月前に必ずご連絡致しますという事。

この部分は特に重要だと思います。
1ポイント=1円のポイントサイトがあったときに、急に10ポイント=1円にルールが変更された場合、最低1ヶ月前には連絡をするという意味になります。

また、ポイントサイト運営会社がサービス終了になってしまった場合でも、1ヶ月前に利用者に告知するなどの措置をとらないといけないというルールになります。

ポイントインカムはJIPCに加盟していますので、会社に何か問題が起きたとしても安心できるでしょう。

ポイントの交換比率、交換までの承認日数

わたしはポイントインカムで貯めたポイントは、「Tポイント」か「Amazonギフト券」に交換していますが、交換比率は↓のようになっています。

Tポイントの交換レート:5000pt → 500円~(交換手数料:無料)
Amazonギフト券 交換レート:10000pt → 1000円~(交換手数料:無料)

koukan_hiritsu

承認の日数ですが、例えば「保険アドバイザーズ」を利用したときには、約3ヶ月で承認されると記載があったのですが、実際3ヶ月弱で承認されました!
他の案件でも目安となる承認日数に近い日数で承認されています。

rireki1

交換できるまでの日にちは、たとえばTポイントは交換予定日が最大14営業日と書いてあるのですが、
実際は10日前後で交換できています。

tpoint_koukan6gatu

Amazonの方は、6回ほど交換申請を行いましたが、すべて翌日までには交換できている状態です。

ポイントインカムからの迷惑メールの有無

迷惑メールについては、ポイントインカムからの迷惑メールはありません。
メールマガジンは1日だいたい2通位で、ほとんどがクリックポイントが付きです。

pointmail

ポイントインカムに登録する情報について

  • ニックネーム
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 生年月日
  • 性別
  • 都道府県
  • 電話認証(スマホで登録時のみ必要)

登録する情報量としては特別多いわけでもなく、通常の量・内容といえるでしょう。

上記を踏まえて、ポイントインカムに対する私の評価

  • 10年以上続くポイントサイトである
  • プライバシーマークを取得済み
  • 資本金が多い
  • 迷惑メールが来ない
  • 実際にしっかりとポイントを取得&交換できている

という経験から安心して登録できるポイントサイトであるといえます。

>> こちらから無料で登録できます(初回1000ポイント入ります)

管理人ふるなりがオススメするふるさと納税ポータルサイト!

家電を探すなら「ふるなび」

家電製品が200点以上あり、テレビ・ダイソンの掃除機・ドライヤー・プリンター・パソコンなど様々な家電が揃っています。
最近ホームページがリニューアルされ、探すのが非常にラクになりました!

→ 家電掲載数No.1サイト‎「ふるなび」を見てみる

ポイント10倍以上を狙うなら「楽天ふるさと納税」

ふるさと納税でも通常の買い物と同じようにポイント還元があります。
お買い物リレーやマラソンと組み合わせればポイント10倍以上の還元が可能です。

→ 楽天ポイントがGETできる「楽天ふるさと納税」を見てみる

ジェラートピケやアディダス、マンハッタンポーテージやドンペリなどが貰える「noma-style」

NHKのあさイチでも取り上げられた、人気上昇中のふるさと納税サイトです。
ジェラピケ、アディダス、ジョンマスターオーガニック、マンハッタンポーテージなどの有名ブランドや、高級シャンパン「ドンペリ」、コニャック「ヘネシー」などがもらえます。

→ 有名ブランドがもらえる「noma-style」を見てみる

ふるさと納税の寄付金を実質0円にする全手法

ふるさと納税のお礼品をタダでもらいたいと思いませんか?
ふるさと納税は、例えば自分の寄付できる上限金額が5万円なら、その年に5万円の寄付をするための元手が必要になります。

私は「この5万円も何か別の方法で浮かすことができないか?」と考え、ある方法を試した結果、

  • ・2015年・2016年ともに、寄付金は実質タダに。
  • ・炊飯器、ドライヤーなどの家電や毎日食べるお米をゲット!
  • ・ふるさと納税だけでなく、旅の宿泊や日用品の購入など家計費も浮かすことに成功。

などの大幅な節約をすることが可能となりました。

具体的な方法はこちらから

SNSでもご購読できます。