ふるさと納税とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ふるさと納税ってよく耳にするけど、どういった制度なのかよく分からない。」って言われることが多いです。

たしかに寄付したらどうやってお金を浮かすことができるのか?や上限金額って何?どうやって申し込めばいいの?など、ふるさと納税を始めて申し込む人には疑問点がいろいろあると思います。

そういった方に向けて、なるべくシンプルに分かりやすく、ふるさと納税について説明していきます!

ふるさと納税とはどういった仕組みなの?

↓の動画が分かりやすく解説しているのでまずはこちらをご確認ください。

2000円の自己負担金で済ませるための上限金額について

ふるさと納税は自分の年収に応じて、自己負担するお金が実質2千円で済む上限金額があります。
(寄付したお金は所得税か住民税の支払う金額が安くなる形で還元されます)

1

※出所:総務省「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」
※給与所得者で、他の控除を受けていない場合。中学生以下の子は人数に入れない(扶養控除がないため)。

例えば、1年の寄付金上限が50000円だとしたら、上限50000円をA市に寄付した場合、
寄付金50000円 – 自己負担金2000円 = 48000円分 所得税or住民税の負担が軽くなり、
実質2000円で、ふるさと納税のお礼品(5万円寄付の場合、1万5千~3万円ぐらいの品)がもらえます。

次に、ふるさと納税申込の大まかな流れについては、下記ページをご確認ください。
→ ふるさと納税 申込の一連の流れ

自分の上限金額をカンタンに素早く知るには早見表やツールで確認するのが良いです。
→ ふるさと納税の限度額・上限の目安は?早見表やツールで2分で確認!

給与所得者(サラリーマンなど)はワンストップ特例申請を自治体に出せば、「確定申告が不要」になります。
そのやり方については、下記ページにて解説しています。
→ ふるさと納税でワンストップ特例徹底解説!【2016年最新版】

管理人ふるなりがオススメするふるさと納税ポータルサイト!

家電を探すなら「ふるなび」

家電製品が200点以上あり、テレビ・ダイソンの掃除機・ドライヤー・プリンター・パソコンなど様々な家電が揃っています。
最近ホームページがリニューアルされ、探すのが非常にラクになりました!

→ 家電掲載数No.1サイト‎「ふるなび」を見てみる

ポイント10倍以上を狙うなら「楽天ふるさと納税」

ふるさと納税でも通常の買い物と同じようにポイント還元があります。
お買い物リレーやマラソンと組み合わせればポイント10倍以上の還元が可能です。

→ 楽天ポイントがGETできる「楽天ふるさと納税」を見てみる

ジェラートピケやアディダス、マンハッタンポーテージやドンペリなどが貰える「noma-style」

NHKのあさイチでも取り上げられた、人気上昇中のふるさと納税サイトです。
ジェラピケ、アディダス、ジョンマスターオーガニック、マンハッタンポーテージなどの有名ブランドや、高級シャンパン「ドンペリ」、コニャック「ヘネシー」などがもらえます。

→ 有名ブランドがもらえる「noma-style」を見てみる

ふるさと納税の寄付金を実質0円にする全手法

ふるさと納税のお礼品をタダでもらいたいと思いませんか?
ふるさと納税は、例えば自分の寄付できる上限金額が5万円なら、その年に5万円の寄付をするための元手が必要になります。

私は「この5万円も何か別の方法で浮かすことができないか?」と考え、ある方法を試した結果、

  • ・2015年・2016年ともに、寄付金は実質タダに。
  • ・炊飯器、ドライヤーなどの家電や毎日食べるお米をゲット!
  • ・ふるさと納税だけでなく、旅の宿泊や日用品の購入など家計費も浮かすことに成功。

などの大幅な節約をすることが可能となりました。

具体的な方法はこちらから

SNSでもご購読できます。